過労による事故や事件が起きてしまう前に

勤務状況を見直す

それぞれの社員の勤務状況を見直すことが、まず最初にすべきことだと言えます。
明らかに長時間勤務の社員がいないかどうか、残業が続いている社員がいないかどうか、そこをしっかりとチェックすべきなのです。

労働基準法に沿っているか

労働基準法は、企業が守るべき法律ではあるのですが、現状守れていない企業も多いのです。
今一度、労働基準法を確認して、それに沿っているかどうかを把握するようにしましょう。

社員の勤務態度をチェックしてみる

社員の勤務態度をチェックして、明らかに疲れを感じていそうな社員や、作業スピードが以前よりも落ちている社員がいれば、それは過労の前触れだと言えます。