仕事第一の考えは世界で極めて珍しい

仕事を第一に考える傾向が強い

日本人は、人生において仕事を第一に考える傾向が非常に強いです。
もちろん、頭の中ではプライベートや家族との時間を最優先させたいと思っていても、現実的にはどうしても仕事が第一になってしまうのです。

海外でこういった考えは非常に稀

海外では、よっぽど仕事に対して情熱を向けている人でない限りは、仕事を第一に考えることはなく、あくまでもお金を稼ぐための人生の一部に過ぎないと考えているのです。
ですから、基本的にはプライベートであったり、家族や友人との時間を優先させるのです。

仕事第一の考え自体が悪いわけではない

もちろん、仕事を第一に考えること自体が悪いわけではありません。
自分の人生をどう生きるかは本人の自由なので、仕事に命をかける生き方も全く問題ないのです。
問題なのは、社会全体が仕事を第一にしないといけない雰囲気になっているので、そこを改善していくことが必要なのです。