予想以上にパワハラの数は多い

パワハラにも色々とある

パワハラと言っても、いろんなやり方があります。
単に無理な量の仕事を押し付けることもあれば、小さなミスを指摘して問い詰めたり、精神的にダメージを与える攻撃をしたりすることもあるのです。
そういったパワハラに悩み、仕事を辞めてしまう人も少なくないのです。

数字以上の被害がある

定期的に厚生労働省が、パワハラの被害を数値化したグラフなどを出しています。
ただ、これはあくまでも表面的な数字に過ぎず、実際はは数字以上にパワハラの被害は多いのです。
被害を受けていても我慢し続けている人もいるでしょうし、パワハラとして取り扱ってもらえないケースも少なくないのです。

社会全体で解決しなければならない

パワハラ問題というのは、もちろん個人個人の意識も大事になってきますが、それだけでなく社会全体で解決をしていかなければならないのです。