お金の対価として労働力を提供する

お金のをもらう以上は真面目に働く

当たり前のことですが、お金をもらっている以上は、真面目に働かないといけません。
やるべきことをやるのは当然として、会社の利益に繋がるような労働力を提供しなければならないのです。
そのために、営業をしたり開発をしたりして、様々な成果を上げることが要求されるのです。

会社は労働力に見合う対価を支払わなければならない

逆に会社側からすれば、労働力に見合う対価を支払わなければならないのです。
もちろん、それ以前に法律で最低賃金は決まっているので、最低でもそれ以上の給与は支払わないといけません。
労働力と対価の釣り合いが取れていないと、あっという間に優秀な働き手を失ってしまうことになりかねないのです。